本文へスキップ

宮城県石巻市・東松島市・女川町を中心に離婚協議書に関する相談・作成支援を行っております

電話でのご予約・お問い合わせは 

面接交渉権

面接交渉権に関して

離婚後、親権者になれなかった一方の親が子供と会って一緒の時間を過ごす権利を「面接交渉権」と呼んでいます。

子供から見れば両親が離婚して別々に暮らす事になっても、親である事に変わりはありません。
別れた親に会いたいと思う事もあるでしょう。

ですが中には、「別れた夫に絶対子供を会わせたくない」といった親御さんもいますが、子の福祉や利益に反しない限り要求を拒絶するのは難しいものです。

しかし、次のような場合は面会を拒否できる可能性があります。

相手が子供に対して暴力を振るう恐れがあるとき
子供が相手に会うのを拒絶しているとき
子供を奪われる恐れがあるとき
養育費の支払い能力があるにも関わらず養育費を支払わないとき

面接交渉権は今後の子供の成長に大きく関わってくる事です。

子供の福祉・教育にとって重大な事ですので、じっくり話合うべきでしょう。



面接交渉権は何を決めれば良いの?

面接交渉の内容を具体的に決めておく事が、後のトラブル防止にも繋がります。

具体的には次のような事を話合いで決めておくと良いでしょう。

月に何回会うか?
会う場所はどうするか?
面会時は親権者も同伴するか?
おこづかいやプレゼントは渡して良いか?

上記は一例ではありますが取決めをしておく事で、親権者ではない親の欲求も満たされ、結果的に子供の連れ去り防止にも繋がる事でしょう。

【主な悩みに戻る】

事務所情報

きむら行政書士事務所

〒986-0853
宮城県石巻市門脇字青葉東12-5


TEL.  0225(24)8030
MAIL info@kimu-gyousei.com
→アクセス

当事務所運営サイト

総合サイト



サイトマップ