本文へスキップ

宮城県石巻市・東松島市・女川町を中心に離婚協議書に関する相談・作成支援を行っております

電話でのご予約・お問い合わせは 

財産分与

・財産分与はどうするか

婚姻期間中に夫婦で築き上げた財産がありますよね?
その財産を、離婚するにあたり分け合う事を「財産分与」といいます。

この請求する権利は法律で認められている権利でもあるのです。

・例として、次のような財産が財産分与の対象になります。

土地・建物(マンション等)
自動車(相手配偶者の名義で購入したもの等)
家財道具
現金・預貯金・年金等

住宅ローン・借入金
例えば、婚姻中に夫名義で購入した自動車である場合でも、潜在的には妻の協力があっての事であるため、財産分与の対象になります。

反対に「
財産分与の対象にならない財産」もあります。
結婚前の預貯金・借金
結婚後に父母の相続などで得た財産
ギャンブルなどで一方が勝手に作った借金



財産分与の請求に関して

財産分与の請求期限は法律上、「離婚成立後2年以内」と決まっております。

「それじゃあ離婚をしてから決めても問題ないわね」
と思うかもしれませんが、
実際は離婚をする前に決めておく必要があります。

なぜ、離婚前に決めておく必要があるか?
2年間というのは長いようで短く、時効が完成する危険性があるため
財産を管理していた側が消費・売却してしまう可能性があるため
離婚後、相手方と連絡が取れなくなる危険性があるため


特にお子様を引取る方は今後の生活のためにも、財産分与と養育費に関しては必ず決めておくべきです。

決めた事に関しては口約束で終わらせず、必ず協議書を作成しておきましょう

これは将来のトラブルを防止するためにも、強くお勧めしております。

当事務所では離婚協議書の作成に関するサポートを行っております。

お悩みや不安を抱えていらっしゃる方は、是非ご相談下さい。



【主な悩みに戻る】

事務所情報

きむら行政書士事務所

〒986-0853
宮城県石巻市門脇字青葉東12-5


TEL.  0225(24)8030
MAIL info@kimu-gyousei.com
→アクセス

当事務所運営サイト

総合サイト



サイトマップ